まよらなブログ

さよなら2012。

この下で、世界樹話を更新しました。
2012年、最後の更新です。今年一年お付き合いくださりありがとうございます。
来年も再来年も、多分相変わらずダラダラ続けてますので、よろしくお願いします。


2012年も最後の日となりました。
2012年、リアル生活はバッタンバッタンしていましたが、まあ置いておいて、
オタク生活的にはゲームが豊作だったような、そんな気がします。
まず、逆裁5制作決定速報が1月にあり、前祝で3DSを買い、
そしたら世界樹4が出て、レイ逆まだかなーと思いながら
ゲーム歴長いのに人生初のゼルダ(時のオカリナを3DSで)に挑戦し、
年末にレイトンVS逆裁と・・・・・・・・・
ああ、逆裁で始まり、逆裁で終わってますね。
来年は、いよいよ逆裁5ですね。ああ、たのしみたのしみ。


生活がバッタンバッタンしてるので、
漫画やアニメから少し離れがちでした。あ、ZeroなFateは観てたけど。
サイトの更新も止まりがちですが、まあ、のんびりやって行きますので
また来年もよろしくお願いいたします。
とりあえず、年明けに爺話を一本、アップしにこようと思っており、
高速ブラインドタッチモードでポメラを打ってます。


さて、本日から帰省します。
ツイッターには顔を出しますね。


今年も、当サイトにお寄りくださりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
それでは、みなさまよいお年を!

スポンサーサイト

PageTop

23章3話。

「世界樹カンケーねえ!」な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。


2012年最後の更新となります。
今年も超アウェーサイトでの更新にお付き合いくださりありがとうございます。
来年も相変わらずのだらだらペースで続けますのでよろしくお願いいたします。

とりあえず、年明けの更新は次週を予定していますが、
正月に飲んだくれてしまったら一週お休みさせてください。



それでは、興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

つづきを表示

PageTop

背景。


一日遅れて申し訳ありません。
この下で、世界樹話を更新しました。
世の中はイブのようですが、通常運転でお届けしております。




ツイッターでも呟きましたが、ワンピの映画を観てきました。
ジェットコースターのように動くので、
慣れるまで目が痛いあたり、私も歳を取ったものです。
ドッグのシーンかな、寂れた港の様子が映ったとき
「なんだこりゃ!この背景、ポストカードにして欲しいんだけど!」と思い、
続いて温泉街の背景に、
「なんだこりゃ!!?この背景、画集にして欲しいんだけど!!」と思いました。
私は麦わら一味でも今回の敵役というよりむしろ主役のゼットでも
美味しいところを全部持っていった青キジでもなく、
背景に身悶えてました。制作者の意図を完全に無視して。(笑)

そして、身悶えた後に気付く「そうだ、背景は草薙だった。」


と、いうわけで、大画面で美麗背景をよーく観るのもおススメの映画ですよ。



温泉街の背景、本当に詳しい資料ほしいんですけど、
これ、映画の設定集とか出たら載るの?それとも背景画集を待ったほうがいいの?



PageTop

23章2話。


クリスマスなんかカンケーねえ!な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。


メリクリメリクリ。
更新が一日遅くなりまして、申し訳ありません。


それでは、興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。


つづきを表示

PageTop

ワンコ。


この下で世界樹話を更新してます。


数日前から鼻かぜを引いております。
鼻うがいとチョ〇ラBBのおかげで、酷くはならず、
昨日念のために通院して、一日寝ていたこともあり、
喉の痛みに移行することなく治りそうです、ふーやれやれ。
今日、更新分の世界樹話は昨日布団の中で打っていたんですが
腰が痛くなりました。もう若くはないようです。


そろそろ年も終わるので、
このブログの横←(PCの場合)のプロフィールを変えようと思うんですが
実家で犬を飼いそうな気配となってまいりました。
ああ、どうしましょう、休みのたびに実家に戻りそうです。
そげんことになったらますます更新止まりそうです
でも仕方ないよね、だってワンコだよワンコハアハア (*´д`*)


レイトンVS逆裁の二周目をやってます。
最大の盛り上がり、4章まで到達しました。
二周目なので寄り道しまくってます。(が、ナゾの取り残しがあるんです・・・何故だ)
寄り道しまくって、ルークと真宵ちゃんで夜の街をウロウロし、
今作のラブリーワンワン・チューケンに会いました。
ミサイルと方向性が真逆なのになんなんでしょうかあのカワイイワンワン。
あの口に棒(タッチペン)突っ込みたい気持ちに駆られるのもなんなんでしょうか。
そして、ルークと真宵ちゃんも可愛すぎるんですがどうしたらいいんでしょうか。
なんだここはヘヴンか!?(くわッ!)

レイ逆、そろそろネタバレ感想もありかなーと思うので、
この前の日記で敢えて書かなかった部分をちらり、と。

街のオチに、日野おおおおッ!!!と思う。
 いや、「いつものレイトン」オチなので
 レイトンシリーズとしてやったら、「通常運転」と思うんですけど
 4~5章の盛り上がりが半端無い上に、巧さんがイキイキと飛ばしてるので
 逆裁シリーズとしてやると、ちゃぶ台を返したくなるんです。
 つまりこの二作品、ゲームシステムとかキャラの等身とかの差よりも
 そもそもシナリオに壮大な差がある、とそういうことなんですよ。
 ただなあ、これ、あえてのレイトン世界観に戻してる気もするんだよな。
 ただなあ、このオチのために失速してしまうのも正直否めないんだよなあ。
 まあ、いいんですけどね、だってレイトンシリーズだし。そう、だってレイトンだし。

とりあえず、これだけを。
そして逆裁5に巧さんがちらりと戻ることを期待する。

 

PageTop

23章1話。


「世界樹カンケーねえ!」な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。

【アマラントス】を【アマントラス】と表記していたことに気がつきました。
これから過去更新分の表記も直そうと思いますが、
直しきれなかったら心の目でお読みください。



それでは、興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

つづきを表示

PageTop

とうぜんさ!やまとなでしことしてはね!


この下で世界樹話を更新してます。


レイトンVS逆裁もクリアし、全ナゾも回収しました。
クリアデータロードして二回目のEDもみました。
ナゾが初心者向けに調整されているようなので
(まあ、逆裁ファンをナゾで2時間も立ち止まらせるわけにいきませんからね)
ちょっと物足りない感を感じ、過去のレイトンシリーズのナゾを
やり直そうと立ち上げたんですが・・・・・・
『魔神の笛』、「レイトンからの挑戦状」すら出してなかった・・・!!
ストーリー中のナゾもコンプリートしれなかった・・・!
鞄の中身のおさかなパズルもコンプリートしてなかった・・・!!

そんなことに気がつき、再プレイしてます。
「るうく」が「ねずみ」になりません!

『奇跡の仮面』も、
最後のスライドパズル(レイトン的には「右から左へ」通称:箱入り娘)
をクリアしてなかったものの、久しぶりにやってみたら解けました。
ふー・・・新作出るまでに、全ナゾ制覇しておかねばな・・・


と、いう感じなので、
とびだせ!どうぶつの森 に手を出すのはまだまだ先になりそうです。
まあ・・・これをやると、本当に更新が追いつかなくなりそうなので
やらないような気もするんですけどね・・・・・・・・・

PageTop

22章5話。

「世界樹カンケーねえ!」な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。

そういえば、キャラ名の由来について
書いてないキャラがいることに気がついたので、ここで書いときます。

ミモザ:南十字星β星の別名。
    父親・ベクルックスと同じ星を指してます・・・が、
    南十字星α星が『ミモザ』説もあり、やっちゃったなーと思ってます。

リョウガン:ふたご座のカストルとポルックスの二つを指して。
      日本でこう呼ぶ地域があるそうです。(『両眼』に見えたんでしょうね。)
      ちなみに第二部で登場する彼の妹、
      シノ姐は「ミツナミ」(オリオンの三ツ星)と言います。
      ふたごの二つ星でリョウガン、オリオンの三ツ星でミツナミ・・・と
      星が2、3と増えているので、彼には兄が姉がいるものと思われます。(笑)

オリヒメ:言わずと知れた、琴座の織姫。
     メジャー過ぎる名前は使いたくなかったんですが、
     髪飾りがあまりに七夕飾りだったので、負けました。(笑)
     ちなみにこの話では出てこないから書いちゃうけど
     彼女の兄弟子・若ショーは「ヒシボシ」と言います。
     敢えての「ヒコボシ」一字違い。

ディアデム:かみのけ座α星で、王冠とか髪飾りの意味。
      星座としての形が無いので、発展中のアンドロ向きかな、
      と思って名づけました。

スハイル:カノープス(カリーナの名前の由来)のこと。
     とりあえず、『アルゴ座』縛りで名前つけました。
     フクロウが仲間になることは決まってたのに、
     ギリギリまで名づけをしていなくて、結構適当に決めた。(笑)


シノビとショーグンには星の和名がついてます。
第一部で出てくるキャラは、これで全員揃った・・・よな・・・?    




それでは、興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

つづきを表示

PageTop

至福の時間。


この下で、世界樹話を更新してます。
先週はお休みして申し訳ありません。


さて、
祝・「レイトン教授VS逆転裁判」発売。

もう一気にクリアしました。
ツイッターでぶつぶつ呟きながら、プレイしてましたが
以下、プレイ感想です。ネタバレはしないように頑張ります。



私のやりたかった逆転裁判がココにある!!!
 魔女裁判だろうが群集裁判だろうが途中でレイトン無双になろうが
 とにかくどこからどう見ても、裁判パートは「逆転裁判」でした。
 最初のイギリスの裁判とか逆裁1の音楽で、
 聞こえてきた瞬間に泣いてまうわ!!
 コトバ遊びも巧さんらしい巧節だし、
 ウナギとかマグロとか逆裁リアクションだし
 魔法で〇〇になった教授との「W異議あり」とか
 『これ作った人、アホだーーーー!!(誉めてます)』とか思ったし
 検察士はいわゆる検事だし、チューケンかわいいし
 なるほどくんと真宵ちゃんのモーションはとにかくそのまんまだし
 もう、もう・・・・・・・・・・・・、大 満 足 。

・群集裁判なので、一人が証言している最中に
 隣の人物の肩とかが見えるわけですが、
 常に動いていて、これプログラム組むの大変だったんじゃないかな、
 と、そんなことも思いました。
 ありがとう、レベルファイブプログラマー・・・!
 微妙な逆裁の「間」とか完璧に再現してる・・・!!

・レイトン側は、ナゾの数が減っていたり「思考パズル」が少ない気がして
 ちょっとボリュームダウンしてる気がしたんですが、
 まあ、コラボだしなあ、実際に動かすパズルの方がゲームっぽいし
 仕方ないかなあ、とも。

・アドベンチャーパートの逆裁キャラが逆裁キャラらしいのに反して
 裁判パートの教授とルークが、結構黒い件について
 巧さんを小一時間ほど問い詰めたいような気もします。(笑)

・そして、最後で明らかになる「町の設定」について
 『いつも同じようなオチじゃねえか!』
 と日野さんを3時間ほど問い詰めたいような気もします。

・ひらめきコインが裁判でも使えるので
 逆裁入門としても、いいゲームだと思います。

・とりあえず、塗さんとボンズが頑張ったことがよく分かった。

・アニメーション作成のボンズ、
 スタッフロールに鋼スタッフの名前がちらほらと出てますので
 探してみるのも一興かと。とりあえず、作画監督は鋼(無印)の伊藤さん。

・音楽が最強すぎるので、サントラ早く。

・4章の展開が熱すぎる。

・3Dになって、真宵ちゃんの可愛さを再確認した。

・逆裁ファンは絶対にクリアしないといけません。
 なぜなら!EDで!!3Dの!みっ(規制)

・一番最初のジョバンニさんの事故について
 「街の外なのになぜ『魔法』が使えたのか」など
 ツッコんではいけないのだろう、だって日野シナリオだから。

・本当に楽しかったんですが、一つだけ心配なことがあります。
 「こんなに面白い逆裁作って、逆裁5のスタッフ達は
  “やべえ!ハードル上げられた!!”と戦々恐々としてるのではないか」
 ということです。頑張って、逆裁5スタッフ!!


とにかく、逆裁5が楽しみです。

PageTop

22章4話。

「世界樹カンケーねえ!」な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。

今日は、ゲーム内テキストも交えての話です。
相変わらず、自分の文章とゲーム内テキストが乖離していて
なんか笑える、と思ってます。


それでは、話に興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

つづきを表示

PageTop