まよらなブログ

更新~更新~~



サイトで鋼小話更新です。
今回は割とちゃんとした(?)ロイアイです。

前回、更新したのが追悼企画なので
半年以上前の更新になってしまいました。申し訳ありません。
半年に一回ぐらいは更新したいなあ…と思ってますが、
鋼アニメ(無印)再放送の影響で、もうちょっとネタが降りてくる率上がんねえかなあ…
とも他力本願のように期待してます。
あのアニメ、今見てもホント鬱々しさにブレがなくて感動する!(笑)


久々のサイト更新だったので、HTMLにするためにタグを入力する作業が
「もう、めんどくさい…!!」と思いました。
特に改行タグ(BRタグ)めんどくさい。
このブログ、ホント楽だわ・・・と改めて思います。
しかしBRタグ打ちをしながら文章チェックするので、誤字の多い志水には必要な作業ですし、
特に行間を細かく指定できるので、文章サイト的にはタグ打った方が好きです。
昔はみんなタグを打ったり、講座サイトでタグを勉強したり、
理想的なサイトのソース見て勉強したり、ビルダーと四苦八苦したりしてましたが、
だんだんブログやpixivが出てきて、そういうのもなくなって来てるんだろうなあ。


スポンサーサイト

PageTop

文字を書く人。


この下で世界樹話を更新です。


Twitterで先週から始まったのかな・・・
「#深夜の真剣文字書き60分一本勝負」に興味津々です。
まさに キタ―――(゚∀゚)―――― !!って気持ちでいっぱいです。
いつか参加したいなあ、と思うのですが、時間が取れるかなあ・・・
利用サービスをあまり増やしたくないので、
参加するときは、きっとこのブログに書いてツイッターにリンク貼るような気がします。
突然オリジナル話がブログにアップされてたら、
「志水は一本勝負に参戦したのか・・・むしろサイト更新せい。」と思ってください。

・・・このブログなら誰でも見られるから、大丈夫だよね・・・

ダラダラと話を書き続ける志水ですが、
本当は小論文のテストみたいに、だーーーーーっっっ!と書くの大好きです。
タイトル見た瞬間にテーマ決めて、最初に結論を置いて、
あとはとにかく、だーーーーーっっ!!と!!だーーーーっっ!!と!
脳内麻薬が出てるんだと思うんですが、超テンション上がります。
テンション上がりすぎて、小論文テスト結果は何とも言えなくなるんですけどね、
でも、いいんです、点数じゃなくて私が書き切るかが問題だったから。


それはともかく、この企画、
文字書きがわあわあ出来ることが嬉しい。
この世の中の文字書きのお話を、読んでもらえる機会が増えることが嬉しい。
60分で書ける話はそうそう長くはならないので
文字苦手な人に、読んでもいいかな、と思ってもらえる率も上がると思う。
なんかこう・・・画像関係に負けてるような気に我々はなってしまうんだけど、
なんかそれって、きっと違うんだよなあ・・・と思ってます。
テレビを見なくなったのはネットのせいだ、とか
ゲームが売れないのはケータイのせいだ、というのと同じぐらい
「文字だから」読まれないわけでは、決してないと思うんだけど、
やっぱり敷居の高さは確かにあるので、こういう企画は嬉しいです。

PageTop

34章4話。

「世界樹カンケーねえ!」な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。


この世界樹話、ブログのカテゴリー「世界樹の迷宮」にまとめてますが
たまーーーに、カテゴリーの設定をミスして「日記」カテゴリに入ってることがあります。
「34章2話」が日記カテゴリーに入ってたので、直しました。
カテゴリーから探して、この話を読んでくださってる方がいましたら、スミマセン。



それでは、興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

つづきを表示

PageTop

再放送。


この下で世界樹話を更新です。


TOKYO MXで再放送している
鋼アニメ(無印)の「焔VS鋼」の回を昨日、観たんですが、
11年前は「ブラハめっさ可愛いハアハア(*´Д`*)」でしたが
今改めてみると「・・・ネタのつなぎ方、上手すぎる・・・!」と感心しました。
外伝二本分を下敷きにしつつ、原作ネタも放り込み、
ミニスカ発言も放り込み(笑)、最後に傷の男出してくる・・・・・・
「なんじゃこりゃー!盛り沢山かーー!!」と今になって思う。
今後の展開も分かってるのでなおさら感心するんですが
・・・しかし、今後の展開が分かるので、
「こんなこと言わせておいてこの後さああああ!!」と
鬱さは当時より増しますね。

そして、やはり鋼ゲームPS2三部作がやりたくなってくる。



ちょっと最近、仕事の方が忙しいこともあって、
日記に書けるようなネタもないので、この辺で。


PageTop

34章3話。

「世界樹カンケーねえ!」な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。

この次の章で真ボス戦になるので、ゲームを起動して
キャラの戦い方を思い出そうとしてるんですが、
「・・・・・・・・・真ボスの思い出がまるでない・・・・・・」と思って愕然としてます。
苦労した記憶すらないんですが・・・(実際一番苦労したのは深王戦)
どうしようかなあ・・・もう、真ボス戦はさくっと終わらせようかなあ・・・と考え中。


それでは、興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

つづきを表示

PageTop

万能じい。


この下で世界樹話を更新です。



今やすっかり なめこが単体で有名になってしまった
「おさわり探偵3」をプレイしてます。
本編が5時間弱で終わってしまって、「なんだってーー!?」
と思いましたが、そういうゲームだ仕方がない。
(さすがに三作目になるといろいろ悟る。)
ただいま、むしろ本編より長いのではないか、と感じてる
おまけシナリオ(という名のおつかいゲーム)に入ってます。
ゆるーいゲームなので、「これがすごい」ということはないのですが
ゆるーくプレイしながら、良音楽を聴き、なめこをおさわりして「んふんふ」言わせて癒されます。
あと爺サイト管理人としては、小沢さん家の執事「じい」が外せない。
有能なのかそうでないのか黒幕のようでそうでもなくお嬢様いじりが激しいじい。
なぜか発明に精霊も使っちゃう じい。
元総理の師匠であることも発覚したじい。
車消しゴムの改造度合がはなはだしいじい。

1,2作目もぶっとんでますが、
今回「ぶっとんでるおじいちゃん」の理想形をそこに見ました。
爺サイト管理人として精進したいです。(笑)


1,2作目はずいぶん前のゲームだから、シナリオ覚えてないんですよねえ・・・
こちらもボリューム少ないから、やり直そうかなあ。

PageTop

34章2話。

「世界樹カンケーねえ!」な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。

もしかしたら、
井藤さんの本からここに来る方もいるかもしれませんので挨拶しておこう。
どうもどうも初めまして。
2010年から書いてますが、いまだに終わらない世界樹3話です。
長いので、適当に摘み読みしてもらいたいと思います・・・・・・

・・・・・・が、
今回の話は前提として、13章を読んでいただく必要があるかもしれません。


それでは、興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

つづきを表示

PageTop

恒例のGW~2014年編~


先週、お休みして申し訳ありませんでした。
この下で世界樹話を更新してます。


鋼小話も書いてます。
5月中の更新を目指してます。
今度はちゃんとした(?)ロイアイ話です、多分。



昨日、ラフォルジュルネに行ってきました。
10周年ですが、モーツアルト回から参加してるので、気が付けば9年参加してました。
初期は人も少なくて当日券がばんばん買えた上に志水も若かったので
三日間朝から晩まで入れましたが、さすがに若くない上に人人人の人盛りが正直疲れる・・・
ので、今年は一日だけの参加です。(今日はNHKFMの「三昧」で放送するのでそっち聴きます)
久々に生音聴けて、良かったです。振動があると違うよね。

「これ、どんな公演になるのかわかりませんが・・・」
という公演のチケットを最優先に取るようにしてるんですけど、
エレクトロニック・ミュージックって何さ?と思い
MURCOFの公演聴いてきました。
客層が明らかに違う・・・私のお隣のお兄さん、全身黒づくめ・・・!!
と、始まる前から人間観察が面白いことになってました。
内容は、
瞑想状態・・・?心臓が(低音が響いて物理的な意味で)ドキドキ?
ピアノの音・・・の余韻は電子加工・・・??
と不思議な空間だったものの、面白かった~。
ちょっと不気味なのに気持ちいいような。

さすがにこういう公演を選んでくる人たちなので、
終了後にお客さんが好意的な感想を話しながら帰るのを見れるのも楽しいです。


あと、真央ちゃんの写真がジャケットのCDがあったり
ラフマのピアコン2番に行く人たちがスケート語りしてたり、
「そうか・・・!今年はフィギュアファンにもオイシイな!」と思いました。
来年のテーマは何だろうな。
今年のナントのテーマ「アメリカ音楽」をお願いしたいのですけどね。

PageTop

34章1話。


「世界樹カンケーねえ!」な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。

もしかしたら、井藤さんの本からここに来る方もいるかもしれないのでご挨拶しておこう。

まあ、どうもどうも初めまして。
週1更新を目標に2010年から書いてますが、いまだに終わらない世界樹3話です。
長いので、適当に摘み読みしてもらえれば。
最初から読もうとすると、たぶん途中で嫌になるので適当が一番です。

そして、丁度「パーティメンバー改編」編なので、
かなり読みにくいタイミングだなあ・・・と思ってます。まあ、しょうがない。



それでは、興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

つづきを表示

PageTop