まよらなブログ

だいぎゃくてん!


この下で世界樹話を更新してます。

来週の更新は、お休みさせていただきます。
来週、親知らずを抜くので、たぶん、更新作業が出来ないと思うからです。
最後の一本なんですが、切開して抜くので、前回は熱が出たんですよね。
勝手が分かってる分、用意もしておけるのでいいんですけど、
痛みがでなければいいなあ…



本日、ゲームショウですね。
ニコで、カプコンステージをタイムシフト予約してきたので
時間があるときに、大逆転裁判のステージを見ようと思ってます。
実は今も公式サイトの新PVを繰り返し再生しながら、この日記書いてるんですけど
音楽が…、音楽が、カッコいいねえ………ッ!!!!
(そこはかとなく、レイトン曲の匂いがするのは、レイ逆の影響だろうか…
 英国メンバーのところでバンドネオン的音がするのは、教授の影響だろうか…
 あと、こっちのホームズより教授の方がホームズ的な推理をしそう。(笑))
最初と最後にかかる曲は、なるほどくんのテーマと同じリズムを使ってるので
多分、こっちのなるほどくんのテーマだと思うんだよねえ。
あと、このメンバーで声優さんは決定でしょうかねえ…
声は付くと思うんだけど、まだ「異議あり!」って言ってないんだよね
ゲームショウの映像では「異議あり!」してるんでしょうかねえ…
とりあえず、発売日はいつなんですかねえ。
早くやりたい。


スポンサーサイト

PageTop

37章1話。

「世界樹カンケーねえ!」な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。

「世界樹カンケーねえ!」というより
「世界樹Ⅲとカンケーねえ!!」な展開です。

ゲーム内で語られていないことをいいことに、
設定捏造がすごいことになっておりますが、
それが二次創作だと思ってます。


それでは、興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

つづきを表示

PageTop

新しい道具を手に入れた!

この下で世界樹話を更新です。
一週お休みしてすみませんでした。

さらにその下の記事で、
「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」に参加してます。
こちらもよろしかったら、どうぞ。


「大逆転裁判(3DS)」の情報が出てきてにウキウキしている志水です。
ホームズ登場ってことですが、最近は映画になったり現代が舞台だったり人形劇になったり
世はホームズの二次創作……ゲフンゲフン!…アレンジの時代なんでしょうか。
とりあえず、巧さんの書く幼女は春美ちゃんもカノンちゃんも可愛かったので
ワトソンくん(8歳の女の子)に大期待でございますよ。


我が家に、漢和辞典がないことに気付いて以来、
「漢和辞典を買うんなら電子辞書を買ってしまった方が早いかなあ…」と思い
カタログを見てたんですが、本日買ってまいりました。
ええっと……、これ ですね。
コンテンツ盛り沢山っぷりに「ふおおおおお!!楽しい…!!」と思っていじってたら、
クラシック名曲フレーズに、スーク(ドヴォルザークの娘婿)の弦セレ入ってるのを見つけて
これください、と、店員さんを呼びました。
ブリタニカ百科事典に載ってない作曲家入れるってどこのレーベルだよ、と思ったら、さすがのナクソスだった。
さすがに曲は一部しか収録されてませんが、これ、楽しい。
ダウランドとかバードとか古楽入ってるのも嬉しい。
バッハが、大バッハだけじゃなく、C・P・EとJ・Cも入ってるのが素晴らしい。
(どんどんマニアックになっていくのでこの辺で終了)

完全予算オーバーで、靴を買うことを諦めることになりましたが
読みたいなあ、と思ってた宮沢賢治の楢ノ木大学士の野宿とか入ってるし、まあいいや。
私が高校生の頃は、英語教師に「電子辞書はダメ。例文が載ってないから」と言われたもんですが、
今は例文どころか音声も入ってる。動画も入ってた。
「時代は変わったなあ…」と思ってます。


PageTop

プロローグ3

「世界樹カンケーねえ!」な「世界樹の迷宮Ⅲ」妄想話です。
本日は、そもそもの発端としてのプロローグ、1000年前の話の第三話です。

1000年前の話は、志水的世界樹世界観であって公式設定ではないので、ご了承ください。
でも、「私、今、二次創作してる…!!ひゃはああああ!!」
という気分になって、このプロローグシリーズは非常に楽しいです。


それでは、興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

つづきを表示

PageTop

【深夜の真剣文字書き60分一本勝負】に参加してみた・5

Twitterの「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」に参加してみました。
(企画については こちら


書いた話は追記に記載します。
推敲してないので、いつにもまして誤字脱字激しいと思いますが大目に見てください。
興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

なお、今回は
 お題:「飛ぶ」 で参加です。
 オリジナルで、ファンタジー。姫と竜。  な話です。


つづきを表示

PageTop