まよらなブログ

さよなら、2016。


今年、最後のブログです。
2016年もありがとうございました。
2017年もよろしくお願いいたします。


来年のサイトとブログ運営について、簡単にお知らせします。
2017年3月で、サイトを閉鎖します。
具体的な日にちは「志水の勤務次第」なので、
3月までに読み返すなり、リンクを外すなり、なんなりしてもらえると嬉しいです。
その後もこのブログは残ります。
残した上でオリジナル話をほそぼそと書いていこうと思います。
本当は小説投稿サイトでアップするつもりだったのですが、
どこがいいか探しているうちに、「探す時間で、書こう」という気分になったので
一先ず、ブログでやっていくことにしました。そのうちどこかの投稿サイトに流し込むかもしれませんが…
今、ごそごそと書き進めて……は、消して、また書き進めては消して…を繰り返していますが
2月にはどうにかしたい。っていうかサイト閉鎖前にはオリジナル話を稼働させたいと思ってます。
なお、準備中のオリジナル話の裏テーマは「うちの世界樹3話を焼き直す」なので、
世界樹3話にお付き合いくださった方は、そういう面からもお付き合いくだされば幸いです。
そんな感じで、2017年最初は動こうと思います。


さて、この一年、前回の日記でも書きましたが、結構辛い年でした。
まあオタク的には結構収穫のある年で、逆裁6をやったり世界樹5をやったり、結構アニメを見た結果
「いやー、私、刀そのものの方が好きだからさー」と言っていたのに
今更、とうらぶタグを回り「さすが大コンテンツ、上手い人多くて楽しいわ~」という、
しょうもない年末を迎えております。
仕事というか、仕事への向き合い方に苦しんだ一年ではありましたが、
そのおかげでいろんなことがシンプルに考えられるようにもなって
「ああ、私はとにかく「書きたい」んだ。書いていると幸せなんだ。ならば、書こう。」
と思えたことが収穫でしょうか。
多分、来年もばったんばったんすると思うのですが、
ばったんばったんしながらも、自分を救っていける気はしてます。



それでは皆様、良いお年を。



スポンサーサイト

PageTop

一年、結構つらかった。


この下の記事で、フリーワンライ企画「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」に参加してます。

なお、今回の作業は、BGMを掛けず、
MP3プレイヤーから消えてしまった音楽データを入れ直すと並行で行いました。
PCがプチフリしてちょっとイラッとする。
入れ直してる曲はミスチルです。ミスチルは創作作業BGMです。


……というわけで、創作作業中です。ただいま、絶賛煮詰まり中。
サイトは3月で閉鎖しますが、その前にこのブログで小話の連載をしていきたいと考えてます。
もともと
「世界樹話が終了したら、サイト閉鎖の準備。
 サイトの最終更新ができたら、そこから半年後ぐらいを目途に閉鎖。
 閉鎖前に、次の活動を開始する」
…と決めていたので、予定通りではあります。
1年かけてネタはこねくり回しているのですが、なかなか形にならずにおりますが、
どうも定期的にアップしていくかたちでないと、私の精神状態が安定しない…と
1年かけて再確認したので、見切り発車でもスタートしたいと思ってます。

いやー……今年は世界樹話の更新がない1年だったのですが
楽になったかというとそうでもなく、過去最悪の精神状態になってしまい、
自分でもびっくりしました。医師に相談したからね。
書き出すとすごく落ち着いてきたからね。
みんな、書く(描く)といいよ。(また無茶を言う…)


あ、そうだ。
何本かはブログに再アップも考えておりますが、サイトの話はがばっと消すつもりです。
サイトの話をいずれ読み返したくなるかもなあ、と思う方がいらっしゃいましたら、
常識と良識の範囲内であれば、プリントアウト等でご対応ください。
個人で楽しむ限りにおいては
サイトの小話をプリントアウトするのもデータで保存するのも構いません。
個人で楽しむ限りにおいてですよ。どこかに発表・提出したり再頒布はしないでください。

個人的には、一期一会の覚悟を持って楽しんでこそのネット作品ではあると思うんですけどね。


なお、
ネットで書いているものはネットで読みやすい形で…
と思って書いてますので、絶対に本にしません。
本を出すなら、それ用に書き下ろす。縦書きにしっくりする文体を意識する。
フォント小さくする!台詞の量ももっと減らす!読み返す必要がある文章にする!
媒体が変わると文体を変えたくなるので、書き下ろすよ!その予定、ないけど!

PageTop

【深夜の真剣文字書き60分一本勝負】に参加してみた・24


Twitterの「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」に参加してみました。
(企画についてはこちら )


書いた話は追記に記載します。
推敲してないので、いつにもまして誤字脱字激しいと思いますが大目に見てください。
興味のある方は「つづきを表示」からどうぞ。

使用お題は、
・例え誰が何と言おうとも、君の感じた事が君にとっての「真実」
   *オリジナル話です。




つづきを表示

PageTop