まよらなブログ

もしかしたら、という視点。


この下で世界樹話を更新です。
更新日が遅くなって申し訳ありません。
来週も、水曜更新になると思いますがご了承ください。


あと、サイトの方で、小話を上げなおしました。
2013年の追悼企画話を再アップです。
志水も、人質事件とそれを受けての諸々に対して、思うところがあるのですが
あの話の中で結構書いているな、と思ったので再アップです。
いろんな人の視点で、あの話に起きている事件を眺め直してほしいなと思います。
あの話には登場も言及もされてないけど、
イシュバールにいるマルコーさん視点で眺め直してみたりとかね。
危険な目に遭ってるんだろうなあ…でも、あの地にいるんだろうなあ……
正しいことをしてて、近くにいる人には認められてるのに、
一部の人には謂れなきことを言われてるんだろうなあ…
……とか、こう……こう…!いろんな人物視点で想像をしてほしいし、
同時にその想像力を、現実の方にも持ってきてほしい。

もしかしたら、同じことを、私たちはしていないか?と。


そんなことを二次創作でやってどうするのかと思うのですが、
私がやれる、一番手っ取り早くて伝わりそうな方法なので、取ってみる。



それはさておき。


2015年冬アニメ、いくつか録画してるんですが
家族が録画していた「デレマス」こと「アイドルマスター」アニメを試しに見てみた結果、
3話を3回リピート視聴する事件が起こりました。
萌えアニメと思ってたのにそんなことなかった……
女の子が可愛いだけのアニメじゃなかった(可愛いけど)……
武内Pが萌えると聞いてたけどそれだけじゃなかった(確かにPが一番可愛いけど)…

動きももちろんなのですが、話の持って行き方に感心してます。
Pが映るカットが、次の出来事に繋がってる辺りとか、
あれだけ登場キャラいて全員出してくるのに、ダレない、とか。
あと、1話から通してみてみると、季節の移り変わりが草花でちゃんと分かる辺りに
「これ、本当にアイドルアニメだ! お花と女の子は鉄板!!」とか感心します。
(この辺、女性監督っていうのも大きいかもしれないけど。)


今年は本当にアニメ当たり年になるかもしれない。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する