まよらなブログ

物語にとびこむ。


この下で、ワンライこと、深夜の真剣文字書き60分一本勝負に参加してます。

なお、書いてる最中にBGMにしてたのがマイラバなんですが、
なんかこう…………、合わない。(笑)

で、ワンライ参加話のあとがき読むと、「なんか構想中?」という感じなんですが
(その前に鋼の小話だってことは分かってる、分かってますよお…)
お話を考えてるときは音楽かけてぶつぶつ歌いながらメモを取るので、
CDを買って来たり引っ張り出したりしてます。
調査のために本も買うので、今が一番、散財する時期……!!



そんな調子なので、
「名探偵ピカチュウ」にあれ以来全く触れてません。
明日まで休みなので、明日ちょっと進めよう。あと、積み本を崩し始めよう。

そういえば、久々に読みたくなって
「はてしない物語」(文庫版)を買ってきて、読み直してるんですが
何なんでしょうねあの物語、ネーミングセンス半端ねえ。(そこなのか)
読むとすっと情景が浮かぶのですが、じゃあ細かく書いてるかっていうとそうでもないし
そもそも児童書だから難しい言葉は使ってないし、
っていうか翻訳だから原著が実際どうなのかは分からないし
もしかしたら翻訳のうまさなのかもしれないけど、
「ううん!なんでなんだ!さすがだ!」と唸って読んでます……
……が、物語に没入することがこの物語の正しい楽しみ方なので、
私は、してはいけない読み方をしてるのでしょう。分かってる。


でも、文章のうまさって、児童書の名作の中にこそあると思うんだよなー…


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する