まよらなブログ

心意気が好き。


ちょっと日が空いてしまいましたが、志水は不健康ながら元気です。



逆裁6が発売されました。
と、前回の日記から話題を続けてみました。
クリアしましたが、最近の逆裁はボリュームすごくて、
「クリアしたぞー!」のノリのまま2周目に進めない。
「続きから」のプレイでかなり細かく章を選べるので、
つまみ食いぎみにもう一回見たいところを見ております。

正直、「すっごく面白かった」かというと、そうでもない……

(いや、面白いんですけどね。面白いんですよ。
 でも、3Dになってモーションが入るんでダレるんですよね。テンポ悪くなるし無駄に長くなるんですよ。
 あと、テンポの悪さの一因の一つに、文章の区切り悪いことがあると思うんですよ。
 巧テキストは、1ウィンドウで1文章を読ませるように作ってるけど、
 6は文章が長くなって、変なところで切れて続きが次のウィンドウで表示されるから
 一度に文章の内容を把握できなくて、爽快感が欠ける……気がする…
 とか、妙に細かいことをぶつぶつ言うのは、文字書きだからでしょうかね、
 いやだわあ。これだから、オタクって!)

……ような気もしなくもないけど、「面白かった」ので良しとする以上に、
4のデビューが上手くいかなかったオドロキくんをちゃんと書くよ!
という、そのスタッフの気概を私は愛しているので
むしろ「これで良し!!」なんですよ。
でも、あの終わり方に異議がある人の気持ちも分かる。

過去作のセルフオマージュ的展開も盛りだくさんで、
しかも、そのセルフオマージュは倉院関係を選んでいるところも好きだし、
あとね、ちゃんと2028年の暦で、曜日が設定されてるところとかもね
細かく作ってくれたスタッフの心意気を愛してるんですよ。
(攻略サイトの情報だと、「満月の日」まで正確なようで…。)
ああ、シリーズが好きな人たちが作ってくれてるんだなあ…って
逆検以降の作品で毎回感じるのですが、今回もそう思えたので満足です。

あと、みぬきちゃんの泣き顔が可愛すぎたので満足です。
「このためだけに存在する泣き顔」がめちゃめちゃ可愛いのが逆裁…

シリーズ重ねていくと、新要素を入れなきゃいけなくなって
システムが増えちゃうので、7では一度整理してサイコロックぐらいにしてみたらどうでしょうかね…
あと、4以降。7年間止まってたナンバリングが無事に6まで出てくれたので
次は、逆検3が出てほしいなあ…と思える、この贅沢感すごい。(笑)
まあ、その前に大逆転2ですけどね。ねえ、出るんでしょう?ちゃんと2が出るんでしょう??



書く書く詐欺になってる感がしてますが、鋼小話は推敲に入ってます。
さっき、1時間半ほど集中して作業してきましたが、
推敲大好きなのに、「………、めんどくせえ…!!」と思うぐらい
面倒くさい作業になってます。(その理由は、アップした後に書きます)
2話+1話のつもりでしたが、「+1話」が蛇足っぽくなってきたので、どうしようかな、と思ってます。
仕事が忙しいのと、最近、体調が芳しくないのと、
通勤の鞄を変えたらポメラが入らなくなった…という割とどうでもいい理由で、
更新作業になかなか取り組んでおりませんが、夏中には…
8月31日までには、どうにか更新したいと思ってます。

なお、兄弟とロイアイと師匠とメイとパンダが登場しますよ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する