まよらなブログ

夏ゲーム。


大逆転裁判2が発売されました。

と、今回もいきなり大文字で始まりましたが、買いました。
ただいま3話をプレイ中です。大ボリュームで困る…。

発売後、2日しか経ってないのでゲームシステムのとこだけちょこっと感想を。
とにかくテンポが良くなって、ストレスフリーです。
前作と逆裁6で、
「モーション、すごくいいんだけど、そのモーションが流れをぶった切ってるんだよなあ…」
と思ってたんですが、今作はモーションさせながら台詞が流れるという仕様になったので
流れを切ることなく、ぬるぬる動くモーションも見れる、一 挙 両 得 ッ!仕様になってます。
新要素はないのですが、そもそも大逆裁はシステム的には完成されてると思うので
むしろ新要素はいらない。こういう小さいとこを改良してくれてて嬉しい…

クリア後に、改めて感想を書きに来ます。
ちょっと今作、本気でお勧めできそうな予感がするのですが、
1をやっていないと面白さに欠けるので、おススメしきれないのが残念です…。
なお、初逆裁としてお勧めしたいのは実はスピンオフにしてコラボ作品である
「レイトンVS逆転裁判」なんですよね。
これは、それぞれのゲーム初心者向けでナゾもトリックも難しくないのに
めさめさ面白いんで、ぜひやってほしい……。


そんな弁護士業が忙しいため、勇者にならず、英国淑女の探偵業は一時休業中です。
大逆裁を遊びきったら、「レイトン ミステリージャーニー」を再開して
それからDQ11を開始しようと思います。すれ違いで過去の世界にいきたいので3DS版で。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する