まよらなブログ

さよなら2017。


お久しぶりです。わ、ほぼ一か月ぶりだ。


鋼の実写映画を見てきました。
まあ、いざとなったら0巻手に入れて出てくる、と思ってましたが、最後まで観れました。

冒頭で教主の出した柱を避けて走り、顔面でぶつかる山田エドの様子に
「あれ、これ、なんか覚えがある覚えがある気がするぞ?
 鋼のPS2のゲームっぽくね?『翔べない天使』でジャンプ失敗の兄さんを思い出さね?
 ……そうか!これは『鋼原作の映画ではなくて鋼ゲームの映画』なんや!
 そりゃあ、いろいろツッコミたくなるのは仕方ねえな!仕様だな!
 だって、増田がありえないほど跳ぶ(むしろ飛ぶ)ゲームだからな、翔べ天は!
 牛さんがペンで攻撃し、尻尾ふりふりブラハがカメラに写るのが赤きエリクシル!
 ヒロインとの好感度によってEDが変わるというギャルゲー仕様な神を継ぐ少女!
 そして、後者二つは『猫を集める』というちょっと分からないネタも入ってる!
 そんななんでも有りな鋼ゲームなんだから、映画もなんでも有りだな!仕方ない!」
と、アルが登場するまでに方向性を決め、によによしながら見てきました。

鋼PS2三部作は(ツッコミポイントは多いものの)、楽しく遊べる名作だと思いますので
機会があったら是非プレイしてほしいです。


……え?映画の感想?
アルの中の人の演技が良かったのでEDで紹介してほしかった、と強く主張したいです。
「ポスターにはいたブラハが登場しないこと」は、 許 さ な い 。





さて、今年最後のブログになると思います。
お話の方が滞っており申し訳ありません。
かつてない業務で、忙しいのと疲れるのと自分のメンタルケアのために別のことしてて
手が回らない状態ですが、放り投げる気はないので気長に待っていただきたいです。
来年はもうちょっといろんな話が書けるといいなあ。


今年もお付き合いいただき、ありがとうございました。
皆さま、良いお年を。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する