まよらなブログ

鋼ばかりがガンガンではない、とまたまた言い張る鋼サイトのブログ。

研修帰りに
ガンガン期待の新連載「Run day Burst」1,2巻を買ってきました。
発売日を忘れていたら、地元の本屋では見つからなかったんですが、
売れてるんだと思おう。
帯は荒川先生と久米田先生か。なんていうか、ベクトルが逆方向だなあ。(笑)

私、この漫画のコマ割りの気持ちよさが大好きなんですが、
この漫画を応援したい最大の理由は、この漫画の登場により、
ガンガンは少年漫画です!ということを信じられると思ったからです。
信じられるようになるまでに10年近く掛かってる。(爆)

うーんと、私、厳密に言って、鋼は少年漫画じゃないと思うんですよ。
王道だし、ジャンプ系なんだろうけど、でも少年漫画じゃないなあ、と。
少年漫画の基本テーマって「己は昨日の己を越えられるか」だと思うんですよ。
少女漫画の基本テーマって「自分は周囲とどう関わって、どう受け入れられるか」
ってことだと思うんですよ。
エネルギーの向かう先が、より良い自己実現か、より良い関係性かの違いというか。
鋼の基本テーマは、「世界とどう向き合うか」ってことだと思うんですよね。
エネルギーの向かう先は、真理とか真実とか、今ここで生きてる何か、とか。
個人ではなくて、大自然に向かってると思うんですよね。
強いて言うなら哲学漫画か、さもなくば、やはり農業漫画だ。(相手が大自然な分だけ)

そんな王道なんだけどちょっと違う、でも圧倒的に面白い鋼の周辺で、
マイペースに少年漫画やってたら地味に評価されてるマテパとか、
(まあ、マテパも厳密に少年漫画かっていうと微妙だと思うが。)
別の意味でマイペースに爆走してたらボンズが乗ってくれた魂喰とか、
じわじわやってた漫画たちを、読者以上に編集部が認めた流れで、
ランバス1,2巻に有名作家が帯を描くという、結果になってきたのではないかと。
そういうのが嬉しいなあ、と。
何度だって言いますが、鋼ばかりがガンガンじゃないんだぜ!

・・・・・・でも、はじっこ最終回は納得できないんだぜ・・・・・・



とにかく、新連載もいろいろ始まったし、
圧倒的な先輩に負けず、頑張って欲しいなあ、少年漫画たちよ!と、そう思います。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する