まよらなブログ

納得できなかった。


やっぱり納得できん、と思って、
回線を光にすることはお断りしました。(前回の日記参照)
どうも、電話を掛けてきたのは代理店さんのようで、
試しに電話に出た人に「会社名、もう一度お願いします。」と聞いた名前と、
今回の担当さんが名乗った名前が違いました。
(ちなみに、どちらも業種名を答えており、会社名は名乗っていない。
 それでも長い業種名の一部を取ったんだと思うが、答えは統一されていない。)
食い下がってきた相手に、「でも、必要ないんでお断りします。」と答え続ける。
どうも新任さんっぽいのでオロオロしてるのが少し可哀想でしたが、
電話相談なんかやってると、
嘘電話やらセクハラ電話やらいきなり悲鳴な電話とか掛かってくるんだぜ!?
この程度でうろたえてどうすんだ!と、正直思う。
(とはいえ、志水の職場の電話相談は軽めの内容が主だと思うが。)

勧誘電話も、回線一本で相手と繋がらなくてはいけない同職だと思うと、
「貴様の手法は甘すぎる!それでもプロか!」と思って、ガッと切れる。(笑)

ちなみにこの件に関して、プロバイダにも連絡したりしたんですが、
最後に「ありがとうございました。」というと、物凄く恐縮された。
頑張って!と思いました。私も頑張るよ!




改めて今月のガンガン・・・というか鋼を読み返し、
閣下が「人種も、性別も、名も、何も要らん。」と言ってるコマのスカーの表情が
哀れんでいるようなそんな顔であることに気がつきました。
いい顔描くなあ、荒川先生。逆光の閣下にきゃっきゃvvしてる場合じゃなかった。

こういうのを見ると、
「漫画っていいなあ。小説で書こうとすると露骨すぎて書けないよ。」と思う。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する