まよらなブログ

お昼にキッシュ。

この下の記事で、世界樹妄想話更新です。



鋼FA・DVD13巻、ゲットだぜーーー!
初回版でした、DVDを買い揃える気はないのに、ボックスついてます。
テレビ放送されたFAを録画したDVDを、とりあえずボックスに入れてみる。
おお、入りきらないぞ!!


そんな13巻感想ですよ。容赦なくネタバレますよ。




18歳の親友コンビに萌え萌えしたわけですよ。
お話は、BLUEの「それもまた彼の戦場」を下敷きにした感じで。
青いわあ可愛いわあ、青親友コンビ。
「これから(愛する女を)作るに決まってんだろ!」とか、まさにヒュー!!(笑)
そんな恋人のために、グレイシアさんはキッシュの練習とかしたんでしょうね。

あ、オリキャラのヒースクリフ。最初から結末が見えてる・・・(泣)
それにしても青増田は撃たれ、若ヒューが撃つ、というのが、
ああ、よく分かってんな、と。増田は殺せない、でもヒューズは撃てる。

そんなヒースクリフが士官学校に入った理由ってのがね、
それは叶わなかったけど、それはマイルズさんの目的でスカーも同じ目的を持って、
最終回の増田のイシュバール制作に協力するわけですから、
彼の目的は叶っていくわけですよ。
そう思うとさ、偉大ですよね、
マイルズさんに軍に一生を投げ込む価値があると気付かせたオリヴィエ様が。

ただ、タイトルが「それもまた彼の戦場」なのに、あの終わり方はどうなのかな、と。
BLUEの漫画みたいに、「大佐がそんな命令出すわけない。」で締めた方が、
大佐はまだ別の『戦場』で戦ってんだなあって感じがすると思うんだけど。
まあ、いいけど、増田だし。



親友目的で買ったのに、ばっちり腹黒爺の回が収録されており、
アイキャッチカードにも腹黒爺があるという、
そんな爺サイト的においしいオチ付きの鋼FA13巻、発売・レンタル中ですよ。




そして、そんなDVDを見ながら、
10月の恒例の企画の案を練り始めました。
あー・・・難しいなあ、今回。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する