まよらなブログ



今日で5連休も終わります。
休みの最後の一日は昼から飲んだくれてます。しかし、角のハイボールは飲みやすいなあ。


さっきまでネットをウロウロしてたんですが、
P.O.P(ワンピのスゴイフィギュアシリーズ)で、
ハンコックのウェディングバージョンって・・・・・・・・・!(爆笑)
そう来るかー、確かにアニメはハッちゃけてたけどー。



「血界戦線」の三巻を読みました。
あとがきの内藤先生は素敵だなあ・・・・・・・・・!!と思いました。

内藤先生といえばトライガンなわけですが、
不殺の誓いが一度破られている展開やら何やらかんやらを考えていくうちに、
うちの世界樹話をどう終わらせるかを考えるわけですよ。
予感はある。鋼とエルナサーガを足して二で割る、そんな裏ボス戦。
(・・・・・・、古い、古いぞ!相変わらずついてこられるお客さんは一部だぞ!)
ただ、時々分かんなくなるのは、
「それを書きたいから、そこまでの過程を作るのか」
「そこまでの過程を書きたいから、その結末になるのか」ということなんですよねえ。
薄々、最後は見えている。でも、その見えているものに一直線に向かっていくか。

・・・・・・・・・まるで詰め将棋のような話作り、そんなの、つまんなくねえ?

・・・・・・と、私は思ってしまうわけですよね。
書きたいものを書いていく先に、着く場所だってあるかもしれないじゃない。


まあ、だからこそ一年経っても深都に着かないわけだし、
最終回まで3年はかかるんだと思うんだけど。
本当にねえ、サイト始める時に連載だけはするまいって思ってたのにねえ。(爆)


と、書きながら、
話作りについて書いてるんじゃなくて、もしかしたら人生について書いているのかもしれないとも思った。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する