まよらなブログ

いつもは、日ハムや日光アイスバックスや妻が旅行中で自由なことを二回書くようなコラムです。

世界樹話、この下で更新してます。



Vジャンプで長い間好評・・・なのかどうかは知らないけど、
犬マユと並んで根強い人気を誇っている、えのきどコラム、こと
連載コラム「我輩はゲームである。」の、
6月号掲載分がVジャンの公式ページに載ってるんですが、
こ れ が 、 ま た 、 す ご く い い 。

震災のお見舞いの一つ、として載ってるんですけど、
普段はあんなに「外したコラム」(と奥様を始め関係者は認識している)なのに、
ちゃんと子ども向けの雑誌であることを認識してて、でも大人として書いている。
子ども向けだから子どもの視点なんじゃなくて、
ちゃんとした大人が子どもに向ける視線で書いてる。
内容については是非読んでもらいたいので、リンクを貼っておきます。
「我輩はゲームである」207面

うーんと、
私も職業柄、震災の子どもへの影響の相談をお聞きしますけど、
お話を聞いて私が感じたことが、ここに書いてあるなあ、と思うんですよね。
何よりも子どもを安心させることって一番大切だと思うんですけど、
もしもう一回地震が来たとして、今度も絶対子どもを守ろうってするでしょう?
それだけを確信できるなら、「大丈夫!」って言ってしまっていいんです、きっと。

まあ、ともかく、
中学生の頃から、えのきどコラム大好きだったんだけど、
このコラムを読んだら、「惚れてまうやろー!」に変わりました。
20年近くかけて惚れ直したわ、何てこった。(笑)




そして、問題は、このコラムも犬マユも単行本化が遅いということだ。
(単行本化するようになっただけマシなんだけど。)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する