まよらなブログ

積み重ねの効果。


この下で世界樹話更新してます。次回も土曜更新だと思います。


体調はだいぶ良くなりました。
とりあえず、チョ〇ラBBの底力を体感しました。あれ飲んで仕事いくと体の重さが違うわア。
体調悪いと、愛してるコーヒーとビールがまったく飲めなくなるんですが、
昨日「コーヒー飲みたい、ビール飲みたい」と思えたので、もう大丈夫・・・のはずだ。
それにしても、ドイツに行けっていう嗜好ですね。



「逆転裁判脚本大全」を買いました。
あの小さなDSソフトにこれだけのテキスト量が入っていると思うと感慨深い。
そしてこれだけのテキスト量を巧さんは書いたのかと思うと感慨深い。
そして最初にチェックしたのは「ハシゴとキャタツ」の会話だという自分はどうかと思う。

逆裁シリーズは何回もプレイしてるので、一通りのテキストは読めていると思うんですが
(あ、でも真宵ちゃんの弁護は断れないので、断ったときの文章は読んだことなかった)
改めてざっと読んでみて、「なんでこんなところにテキスト入れてるんだ(笑)」と
改めて感じました。本当に「ハシゴとキャタツ」なんかムダの真骨頂。
でも、私がこのゲームに最初に「惚れたあああ!」と思ったのは、
留置所の真宵ちゃんに携帯つきつけたときに、千尋さんの声を聞いて真宵ちゃんが泣く、という
まったくシナリオに関係ないところをちゃんと作ってるところだったし。

最近、PIXIVで他ジャンルの二次創作小説とか読んでるんですが、
これすげえなって思った小説は、パラレルだろうがパロだろうが女体化だろうが、
「どんな設定だろうがそのキャラらしさが失われない」ってことだな、と思ったわけですが、
それはとにかく徹底的な細部の些細な言動の中でキャラらしさを積み上げていくしかない、
と、そんなことを感じるわけですよ。

まあ、うちのサイトの爺みたいに、原作のキャラを無視しておきながら
「志水のグラマン爺ちゃんはこう!!」というお約束ごとを
お客さんと共有できてしまうのも幸いだと思います。
これは単純に、暴走の徹底的な積み重ね・・・
単純に言ってしまえば「繰り返しギャグ」でしかないんですけどね。(笑)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する