まよらなブログ

連休最終日・・・


この下で、世界樹話を更新してます。



とうとう連休最終日です。なんて悲しい日なのでしょうか。
このGWはラ・フォル・ジュルネに行ってきたり、美術館めぐりをしたり
カビと戦う大掃除をしたりしてたので、結構動き回ってたんですが、
今日はちょっとのんびりしようと思います。ゼルダをゴロゴロしながらプレイしよう。

ラ・フォル・ジュルネについてはツイッターの方でぶつぶつ呟いていましたが、
毎年毎年、増える人、人人・・・・・・なので、人ごみだけで疲れてきますね。
「あっちもこっちも」じゃなくて、観に行くものを絞って参加する方がいいかもしれない。
・・・・・・その、年齢的に。

振り返ってみると、チャイコフスキーとラフマニノフしか聞いていない気がするので、
5人組とかグラズノフの公演も取れればなあ・・・と思ってはいます。
とはいえ、このイベントの最大の売りは
「何でこのアーティストを呼んだんだ?」と思う公演と、
地上広場で盛り上がる民族音楽団体と、
セミプロとアマと企業が頑張る展示ホールと
エスニック料理の多い屋台村な気はするので、
その辺は全てクリアしたので、まあいいか。
(なお、その様子は公式サイトの公式ブログを参照ください。)


来年は、フランス音楽とスペイン音楽ということで、
アルベニスのピアノ聴きたいんだけど、小さいホールな気がするなあ取れるかなあ。



それと一緒に三菱一号館美術館の「KATAGAMI Style」にも行ってきました。
着物の柄の染色につかう型紙と、それをモチーフにした世界の諸々の展示でしたが
「・・・・・・おお・・・!」と映像ブースで感嘆の声が上がりまくる珍しい展覧会でした。
美術館には映像ブースが大体あって、そこで関連映像を流してますが、
型紙作りの職人さんの技の映像でして、
確かに、凄まじい細かさで感嘆するしかない、あれじゃ着物が高いのは仕方がない。
そして、そういう手間暇に感嘆できる人間っていいなあ、と思うんですよね。
結果だけを見てない感じがね、
過程を想像すると、ムダなものの、役に立たないものも、何もないよね。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する