まよらなブログ

「お話は終わっても、人生は続く」ような話。


この下で世界樹話を更新しました。

さて、そろそろ「世界樹の迷宮4」が発売されるわけですが、
世界樹3妄想話の設定と世界樹4のマイキャラ設定は繋がっている、
というそんなマイ設定の世界観もぶち込んでプレイする予定です。
実は25年後(場合によっては多少±5年程度の変更あり)だと思ってるんですが、
そういう間の設定も眺めてみたところ、
「その25年間を乗り越える為に、〇〇(キャラ名)には、今、幸せ体験を沢山させたいんだな。」
とそんな書き手(と書いて親と読む)心が発揮されて、世界樹話を書いているようです。
キャラに辛い過去をつけるのは「(書き手が)痛々しい!」とので、好きじゃないんですが、
キャラが最終回後に挑む人生が、平坦であるはずもないとも思っているので
私は、キャラに辛い「未来」を付けがちなようです。
その「最終回後」の人生を乗り越えるための素地を作りたい、
と思って、私は話を書いているのだと、最近やっと気が付きました。


鋼もね、増田の最終回後の人生こそ波乱が多そうですよね。
その辺に萌え・・・ゲフンゲフン!、燃えるわけですよね、一読者としては。
でも、それに挑んでいくのは、もう、読者は分かってるじゃないですか。
そういうのに励まされることもあるじゃないですか。増田のくせにー。
そういうの、そういうのが書きたい。




そして、世界樹4前にゼルダをクリアせねばならないような気がするんですが
ラスダンで、7つの結界を解いたものの、そこから先に進む気になれず
カービィとしてプププランドの茶色い扉を白い扉に変えています。
あ、Dr.マリオはHIでレベル10をクリアし、蟹が出てくる映像を見ましたが
そこから先は再びカプセルを瓶で一杯にしています。
というか、そもそもこの一週間、ゲームもろくにしていない。
ポメラもそれほど起動させていない。
私は一体何をしていたんだろうか・・・・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する