まよらなブログ

至福の時間。


この下で、世界樹話を更新してます。
先週はお休みして申し訳ありません。


さて、
祝・「レイトン教授VS逆転裁判」発売。

もう一気にクリアしました。
ツイッターでぶつぶつ呟きながら、プレイしてましたが
以下、プレイ感想です。ネタバレはしないように頑張ります。



私のやりたかった逆転裁判がココにある!!!
 魔女裁判だろうが群集裁判だろうが途中でレイトン無双になろうが
 とにかくどこからどう見ても、裁判パートは「逆転裁判」でした。
 最初のイギリスの裁判とか逆裁1の音楽で、
 聞こえてきた瞬間に泣いてまうわ!!
 コトバ遊びも巧さんらしい巧節だし、
 ウナギとかマグロとか逆裁リアクションだし
 魔法で〇〇になった教授との「W異議あり」とか
 『これ作った人、アホだーーーー!!(誉めてます)』とか思ったし
 検察士はいわゆる検事だし、チューケンかわいいし
 なるほどくんと真宵ちゃんのモーションはとにかくそのまんまだし
 もう、もう・・・・・・・・・・・・、大 満 足 。

・群集裁判なので、一人が証言している最中に
 隣の人物の肩とかが見えるわけですが、
 常に動いていて、これプログラム組むの大変だったんじゃないかな、
 と、そんなことも思いました。
 ありがとう、レベルファイブプログラマー・・・!
 微妙な逆裁の「間」とか完璧に再現してる・・・!!

・レイトン側は、ナゾの数が減っていたり「思考パズル」が少ない気がして
 ちょっとボリュームダウンしてる気がしたんですが、
 まあ、コラボだしなあ、実際に動かすパズルの方がゲームっぽいし
 仕方ないかなあ、とも。

・アドベンチャーパートの逆裁キャラが逆裁キャラらしいのに反して
 裁判パートの教授とルークが、結構黒い件について
 巧さんを小一時間ほど問い詰めたいような気もします。(笑)

・そして、最後で明らかになる「町の設定」について
 『いつも同じようなオチじゃねえか!』
 と日野さんを3時間ほど問い詰めたいような気もします。

・ひらめきコインが裁判でも使えるので
 逆裁入門としても、いいゲームだと思います。

・とりあえず、塗さんとボンズが頑張ったことがよく分かった。

・アニメーション作成のボンズ、
 スタッフロールに鋼スタッフの名前がちらほらと出てますので
 探してみるのも一興かと。とりあえず、作画監督は鋼(無印)の伊藤さん。

・音楽が最強すぎるので、サントラ早く。

・4章の展開が熱すぎる。

・3Dになって、真宵ちゃんの可愛さを再確認した。

・逆裁ファンは絶対にクリアしないといけません。
 なぜなら!EDで!!3Dの!みっ(規制)

・一番最初のジョバンニさんの事故について
 「街の外なのになぜ『魔法』が使えたのか」など
 ツッコんではいけないのだろう、だって日野シナリオだから。

・本当に楽しかったんですが、一つだけ心配なことがあります。
 「こんなに面白い逆裁作って、逆裁5のスタッフ達は
  “やべえ!ハードル上げられた!!”と戦々恐々としてるのではないか」
 ということです。頑張って、逆裁5スタッフ!!


とにかく、逆裁5が楽しみです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する