まよらなブログ

答え合わせ、のようなもの。


追悼企画に拍手ありがとうございます。
16日までサイトにアップしておりますので、残り一週間よろしくお願いします。

前回の日記で、
『あの話に10個仕込んだ「鋼アニメ○○の△△」について、
 下ろす一週間前にブログではっきりさせようと思ってます。』
と書きましたので、ハッキリさせます。

ハッキリさせたい方は、「つづきを表示」からどうぞ~。



あ、世界樹話は明日更新予定です~。



今回の追悼企画には、歴代鋼OP曲の歌詞を入れました。
無印版アニメの4曲、FAの5曲、
個人的に大好きなシャンバラOP曲で、全10曲です。
文章に合わせるため、
微妙に文語調になってたり、中途半端なところまでしか入ってなかったりしますが、
見つけていただいたようで、うれしいです。
全部見つけた方はいらっしゃるかしら?
該当箇所の文章のあとに、どの曲か説明いれますね。
引用した歌詞は【 】でくくってます。


*****

『そう、イシュバール人に告げられたとき、歓喜も羞恥も後悔もわき上がったが、この政策を成し遂げよう、という原動力にもなった。己の理想を叶えよう、【望まれる明日がその先にあると。】そう邁進してきたのだ。』

♪シャンバラOPの「Link」の歌詞です。二番の歌詞なので気づきにくいかもしれない。
 なお、今回の追悼企画話はEDにこの曲が流れるイメージで書いているんですが、
 ラルク曲相手に私は何を言っているのでしょうか。

―――――
『間違ったことはしていない。それは言い切れる。これは想像などではない。【意味のない想像が自分を成す原動力】なわけではない。自分の副官は自分の背中を撃たない。だから、絶対に間違っていない。』

♪けしてー!リライトして―!というわけで、リライトから。
 歌詞は一部修正して使ってます。言葉が特徴的な歌なので、難しかった。
 リライトといえば「エレベーター!」と答えますが、きっと鋼ファンしか分からない。。

―――――
『とはいえ、何故だ、と真に叫びたいのは、同胞が被害者と加害者になった武僧とこの報告者なのだろう。同胞の嘆きを聞きながら、同胞を疑い、調査を続けた彼らの忍耐と苦痛は想像に難くない。彼らこそ、理想を【叶えるために生きてるのだと叫びたくなる】こともあっただろう。』

♪againの歌詞の文語調アレンジ。
 YUIの曲なのに書かれているのはスカーたち、というのは狙いました。(笑)
 なお、イシュバールのその後を書くなら、
 スカーとマイルズさんとマルコーさんを書かないのは嘘だ、と思っているので、
 マルコーさんを登場させられなかったのが悔やまれます。

―――――
『「・・【雨は、いつか止むのでしょうか?】」
 雨雲など見あたらない空に向かって、ぽつり、と滴のようにこぼれた問いかけは、誰へのものだったのか。』

♪レインのサビから、そのものズバリ。
 「ありがちだなあ」と思ったんですが、増田の「雨だよ」と
 絡められると気づいたときの志水のテンション上がりっぷりはハンパなかった。

―――――
『今、この精神状態で、お前の遺書なんか読めるか馬鹿者。雨など降っていないのに、「雨だ」と言わなくてはいけない自分の思いが分かっているのか。・・・ああ、きっと分かっているのだろう。どんなに自分が【強がっても、キズついた心透かしたように、】理解してしまうのが親友だった。』

♪ホログラムから。
 ・・・・・・あれ・・・?ホントの歌詞は、「強がって、キズついた」なのに
 『強がっても、』になってますね、打ち間違えたわあ。
 鋼FAの最終回を飾るだけあって、少年マンガらしい曲だと思いますが、
 アラフォー男の話に少年マンガらしい曲は合わないのか、どこに入れるか苦労しました。

―――――
『あの無言の電話を思い出すと、いつもの騒々しい電話がどれだけ幸せなものだったか・・・、そして、実はそれをどれだけ自分が心待ちにしていたのかに気づくのだ。【大事なモノはいつだって、失くしてからか気付く。】多くの歌に歌われているようなことだが、全くその通りだと思う。』

♪UNDOから。特定しにくい歌詞と知名度の問題で、高難易度だと思います(笑)。
 同時期のED曲、クリケイが歌いデン視点でウィンリイがぐるっと回る「Motherland」に
 話題がもっていかれてしまった不遇のOP曲だと思います。
 声質が鋼らしい骨太感があると思うんですけどねえ・・・

―――――
『読みたくないだけであって、手放したいとは言ってない。いや、【手放したくないものはどれ?】と聞かれたら、真っ先に挙げる部類のものだ。』

♪ゴールデンタイムラバーから。
 リライトと並んで言葉が特殊な歌なので、どこを使うか悩みました。
 このOPについて何か述べよ、と言われたら「オリヴィエ様!」と
 即答する自分は間違ってないと思う程度には、志水の心はブリッグズ兵です。

―――――
『<お前は、遠い理想を見据えている。だからこそ、俺は言おう。
 時々、立ち止まって後ろを振り返れ。【ここで立ち止まるような時間はないさ、】とか言うなよ。そんな時間は、本来はあるんだから。>』

♪READY STEADY GOから。
 この曲、恋人にあててる曲だと思うんですが、歌詞を読み返し、
 「・・・増田とヒューでもよい」と思ってしまい、遺書での登場です。
 なお、当サイトは増田総受けの心意気ですがBLはありません。

―――――
『 マスタングはしばらくして、顔を上げ、上を向き、一粒だけ・・・「雨」をこぼしてから、前を向いた。【心を繋ぐ強い絆は、けして解けはしない】のだ。』

♪Periodです。Periodと聞くと、「パンダ!」と答える自分は間違っている気がしなくもない。
 正直、地味な曲だと思うんですが(笑)、最終決戦付近を一番表している気がするんですよね、
 私の中では最終クールの曲です。

―――――
『「見てくれ。これが、私が今まで成したこと。」
 そして、と彼は向きを変える。緩い坂道の先を見つめる。先ほどまでカラスがいた場所。あっという間に見えなくなったカラスに、【お前の背に自分を乗せてくれないか】、とは言わない。その代わりに、レールだ。』

♪きみのってでー!きりっさいてー!というわけで、メリッサです。
 鋼ファンたちに「荒野も崖もどうでもいい!」とつっこませた、OPですね(笑)。
 あの崖が、私のイシュバールイメージなんですよね。
 この歌詞のためにカラスを登場させることにして書き直しました。


*****

こんな感じで全10曲入ってます。
本当はEDも仕込みたかったんですが、さすがに時間がなくて無理でした。

♪どれほど強さをてにしたら何も傷つけずにすむの?と自問させたり、傷ついた足を休ませるぐらいならたった一歩でもここから進もうとしたり、ブラハ視点で中尉をぐるっと回したり(それ、歌詞関係ない)、悲しみの最後にはひかりーがさしーこむーはずーと言わせたり、テーブルの上の震えない知らせを待ち続けたり、長い長い道の途中でなくしたりひろったり、巡り巡ってもまたここで会いたかったり、現在を迷うより明日をむかえにいったり、夜明けのさきに光が射したりさせたかったな、と思ってます。

いつか全部ひっくるめた大作を書こう。(笑)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する